yoga instructor akemi's blog manana yoga


by yogini_yogini

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
+++profile+++
what's new!?
workshop
yoga講座
yogatherapist講座
moon
♪music♪
Prajñā
mantras
vegetable fruit
お勧めの本
**schedule**

以前の記事

2015年 06月
2015年 04月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
more...

フォロー中のブログ

ヴェーダーンタ勉強会 パ...
shake's COUN...
『広尾麻布スタジオ』お子...

link

最新のトラックバック

ライフログ


インテグラル・ヨーガ―パタンジャリのヨーガ・スートラ


あの世に聞いた、この世の仕組み


運と幸せがどんどん集まる「願いごと手帖」のつくり方

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
日々の出来事

画像一覧

甘いものには罠がある!②

以前甘いものには罠がある!という記事で砂糖の過剰摂取による問題を書きましたが、今回はその第2弾です。

白砂糖は体に悪い、色のついている三温糖なら精製度が低くて体に良さそうだと思い、煮物にもコクが出るので私はずっと三温糖を使ってきました。しかし三温糖は精製度が低いわけではなく、むしろ加工過程が多く、最近は三温糖にもカラメル色素で着色しているものも売っているらしいとのこと。
奈良の整体師さんのブログに詳しくまとめられているので是非ご一読下さい。カラメル色素は発ガン性が疑われています。
砂糖の代わりにてんさい糖がありますが、こちらはさとうきびからではなくて、大根から作られるので体を温めるいいお砂糖です。こちらに詳しく載っていますからこちらもご一読を。
autumbさんのブログには写真つきでカラメル色素を使っていない三温糖が紹介されています。私達消費者はきちんとパッケージをひっくり返して裏を確認して購入しないといけませんね。健康被害が確認されている安全が確認出来ない食品添加物は摂らないに越したことはありません。

余談:ダイエットをする人などがカロリーを気にしてパル○イートで有名なアスパルテームなどの人工甘味料を使うことがありますが、この危険性も知っておいて下さい(脳障害、妊婦が摂ると脳障害児の産まれる恐れ、目に障害が出る懸念あり)。
巷にはカロリーゼロ!などと謳った飲料が沢山売られていますが、カロリーはゼロでも「すい臓は砂糖だけでなく人工甘味料にも同じく反応し、大量のインスリンを出す」ことが分かっています。砂糖が入っていなくてカロリーゼロだからとガブガブ飲んでいるとしまいには糖尿病になるという笑えない話です。

調べたらこんな記事もありました↓
2003年4月2日 日刊ゲンダイ 
 「人工甘味料で“元気な精子”激減」 日本薬学会のショッキング報告
「清涼飲料水などに使われているノンカロリー人工甘味料で“元気な精子”が減る」-こんなショッキングな実験結果が日本薬学会で発表された。問題の人工甘味料は「アスパルテーム」砂糖の200倍の甘さがあり、使用量が砂糖の200分の1で済むことからダイエットタイプのコーラや食品などのほか、糖尿病患者の治療食品にも利用されている。
現在、日本では340以上の食品・飲料に添加されているから、誰でも一度は口にしているはずだ。研究報告をした京都府立大の北條康司助教授(食環境安全性学)が言う。「アスパルテームを毎日1回投与したマウスと水だけを与えたマウスを比較したところ、形が正常で直進する“元気な”精子の率は、水だけのマウスが平均25%だったのに対し、投与したマウスは16%前後しかなかった。しかも動物に影響がないとされるレベルの1000分の1の量で精子に障害が起きている。同じ哺乳類の人間の精子にもごく微量で影響が出そうです。早急に使用基準を設けるべきです」
アスパルテームはこれまでにも消費団体などが頭痛やめまい、脳腫瘍などの危険性を訴えていたが、厚生労働省では「問題ない」と許可しています。

人工甘味料のスクラロースについてもAugustさんのブログで危険性が詳しく出ています
ガムや飴、ブレスケア商品などにも人工甘味料は沢山使われています。知らずに摂取しないよう、成分をチェックしましょう。

[PR]
by yogini_yogini | 2012-10-31 17:58 | Prajñā