yoga instructor akemi's blog manana yoga


by yogini_yogini

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
+++profile+++
what's new!?
workshop
yoga講座
yogatherapist講座
moon
♪music♪
Prajñā
mantras
vegetable fruit
お勧めの本
**schedule**

以前の記事

2015年 06月
2015年 04月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
more...

フォロー中のブログ

ヴェーダーンタ勉強会 パ...
shake's COUN...
『広尾麻布スタジオ』お子...

link

最新のトラックバック

ライフログ


インテグラル・ヨーガ―パタンジャリのヨーガ・スートラ


あの世に聞いた、この世の仕組み


運と幸せがどんどん集まる「願いごと手帖」のつくり方

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
日々の出来事

画像一覧

食育セミナー@大戸屋

a0108954_1732564.jpg昨日は赤羽の大戸屋さんで行われた食育セミナー「カロリーのウソ×、ホント○」へ参加してきました。
近所の大戸屋さんでも開催がないか調べたのですが、一番近いのが赤羽だったので電車に乗って行ってきましたよ~。先生は管理栄養士の先生です。とってもわかりやすくお話下さいました。

カロリーを減らせば痩せると思っている方→×です
なんと、食べ物の少なかった終戦の翌年の、国民の平均摂取カロリーと2004年の摂取カロリーはほとんど一緒。なのに現代人にメタボが多いのはなぜでしょう。カロリーは同じでも何が違うのでしょうか。

それはカロリーの内訳でした。炭水化物を多くとって脂質が少なかった昔と違って、今はおかずを沢山食べてご飯が少なめで脂質を摂りすぎているのです。カロリーは3つの栄養素「炭水化物」「脂質」「タンパク質」で構成されているのですが、そのバランスが取れていないといけないのです。

理想的なバランスだったとされる1970年代には、炭水化物65%、脂質20%、タンパク質15%で、総摂取カロリーは2226カロリーで、現在の1902カロリーよりも多くのカロリーを摂取していたのですがメタボのない時代でした。メタボで悩むアメリカが日本人が健康なのは食事のバランスがいいからだと和食ブームが起こった時です。ところが今は日本が欧米スタイルの食事に変化し、炭水化物56%、脂質27%、タンパク質17%となっています。

炭水化物は一番燃えやすい栄養素。なのに燃えにくい脂質を取りすぎて、燃える炭水化物が少なく、そして燃やすのに一役買ってくれるビタミン・ミネラルが少ないと人間は太ります。カロリーだけを気にして食事をするのではなくて、その中身がとても大切なわけです。
ですから食べきれなかったら、ご飯を残すのではなくておかずを残すこと。大事なミネラルやビタミンが剥がれた精製した白米より雑穀米を選ぶこと。
毎朝パン食の方も注意するのは、パンは脂質が多く、塩分も入っています。さらにバター等をつけて食べたら脂質の取りすぎになります。クロワッサンなどは脂質の比率は50%です。
そして牛乳・ヨーグルト・チーズを重ねて摂取しないこと。乳製品は脂質がなんと半分もあります。そして健康を考えてサラダを摂る方も、マヨネーズやドレッシングを沢山かけたらなんと脂質比率は70%にもなります。

そしてコンビニで売られているカット野菜。。。あれは噂では聞いていたのですが、カットした野菜は一度次亜塩素酸ナトリウムのプールにジャブジャブつけて消毒して、それを中和するためにPH調整剤のプールにジャブジャブつけて(ここで中和されるという理論)、洗い流して綺麗にパックされて売られているというのは本当でした。ビタミンCなどの水溶性ビタミンは水に溶けだす性質なので、ジャブジャブ洗ったカット野菜にはビタミンはほとんどないと言っていいでしょう。あるのは食物繊維くらいでしょうか。そして塩素の表示義務はないのだそうです。中和されるといったって、野菜のなかに塩素が入り込まないわけないですよね。

先日、友達が花火大会の時にコンビニで買ったサンドイッチが鞄から出てきたと言って写真をUPしていましたが、3ヶ月も経っているのにカビひとつないサンドイッチでした。恐るべし添加物の力。私達消費者は自分の体を作る食べ物について、もっともっと選ばないといけません。口から入れる食べ物が自分の体の一部になります。私達の体の細胞が全部入れ換わるのには10年かかるのだそうです。場所によって変わりますが肌は約28日。10年前に食べたものが今の自分の体を作っています。コラーゲン鍋を食べて翌朝お肌プルプルになると感じるのは気のせいです。

適切なカロリーであれば、体温を生み出し、身体を動かすエネルギーとなり、新しい細胞を作ります。カロリーが足りないと、身体が温まらず、身体を動かす機能が低下し、新陳代謝が低下します。痩せたいからといってカロリー制限をして、生理が止まってしまう女性の話もよく聞きます。大事なのはカロリーではなくて栄養素のバランスです。
今日食べたものが10年後の自分に還ってきます。

約1時間半のセミナーのあとは好きなものを選べるランチまでついて参加費がなんと700円。こういった啓蒙活動をしている大戸屋さんは、真摯に食について取り組んでいるのがよくわかりました。注文から多少時間がかかるのは、チェーン店では多いカット野菜を使うのではなくてキッチンでちゃんと野菜を切っているからだそうです^^
第2弾などもあるようなので今後も参加したいと思います。ご興味のある方はHPでお近くの大戸屋さんをチェックしてみて下さい。ちなみに赤羽店は1/29,3/19(火)9:45~のあと2回開催があります。(お店のチラシ参照)お時間のある方は是非。今までの食生活を振り返るいいきっかけになると思います。


 
[PR]
by yogini_yogini | 2012-11-28 15:53 | Prajñā