yoga instructor akemi's blog manana yoga


by yogini_yogini

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
+++profile+++
what's new!?
workshop
yoga講座
yogatherapist講座
moon
♪music♪
Prajñā
mantras
vegetable fruit
お勧めの本
**schedule**

以前の記事

2015年 06月
2015年 04月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
more...

フォロー中のブログ

ヴェーダーンタ勉強会 パ...
shake's COUN...
『広尾麻布スタジオ』お子...

link

最新のトラックバック

ライフログ


インテグラル・ヨーガ―パタンジャリのヨーガ・スートラ


あの世に聞いた、この世の仕組み


運と幸せがどんどん集まる「願いごと手帖」のつくり方

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
日々の出来事

画像一覧

海の精+エコ・クッキングのお料理教室

a0108954_2031067.jpg前回の記事で書きましたが、前回初めて参加した、海の精+東京ガスのコラボのお料理教室に今回もめでたく当選し、先日参加してきました。
前回は1月だったので炊き込みご飯など冬のレシピでしたが、今回は春を楽しむレシピ。柔らかい春キャベツとアサリのパスタ、押し麦のスープ、グリルで焼いたアスパラのレモン醤油マリネ、デザートは砂糖を使わずに甘酒で甘みを出したいちご寒天。

a0108954_207291.jpgお砂糖を使わないデザートとは斬新なアイデアです。いざ試食してみたらひとくち目は思いっきり甘酒の味がしましたが、食べ進むうちにこれはこれでありだな~とすっかり完食。。調味料は基本的に海の精さんのものを使うので、スープにもコンソメも使わず野菜の旨味と塩だけのシンプルな味付け。いいお塩はお料理も美味しくなります。

エコクッキングとは、食べ物やエネルギーを大切にする、水を汚さない、ゴミを減らす、など、もっと環境や資源の事を考えて日々のお料理を作る、エコで楽しく暮らすための提案とのことです。この日も古布が用意されていて、食べ終わった食器は重ねずに汚れを古布で拭きとってから洗うよう指導されます。
CMなんかではべったりカレーがついたお皿を洗剤で洗って1度でスッキリ落ちた~!なんてやっていますが、洗剤と水の無駄遣い。教育上悪いな~と思います。エコクッキングの指導を小学校などでも広めているそうなので、子供のうちからエネルギーに配慮してお料理をすることが身につけば、一人ひとりの小さなエコが大きなものになるはずです。お米のとぎ汁を植木にかけたり、麺の茹で汁で食器を洗ったりというのは昔の人の知恵。核家族になって、今の子供たちはそういうことを知らずに育って行きます。

さてこの日は海の精の方から塩についての面白話を聞きました。
サラリーマンの名前の由来について、古代ローマでは、兵士の給料を貨幣と塩で支払っていたそうです。塩は、当時とても貴重でした。塩の事をラテン語でsal(サル)ということから、塩で支払われる給料をサラリーと呼んだそうです。サラダにもsalがつきます。塩をかけて食べるからだそう。ここまでは「ほほー」と聞いていた参加者でしたが、みんな「ええぇ!」と叫んだのが次の話。
日本語の「しおらしい」という言葉に由来について。昔、塩は貴重で手に入りにくかったため、戦に出陣する武士が腰につけていた「塩包み」に目を付けて言い寄ってくる女性が沢山いた。その態度が恥ずかしそうにモジモジしていたことから「塩が欲しいらしい」が転じて「しおらしい」という言葉ができた。
なななんと!それが由来だったとはオドロキですね@@;

さて、料理は五感をフル活用する行為、とのお話も聞けました。味覚・聴覚・触覚・臭覚・視覚、全てを使います。なにげなく料理をしていても脳にはとても良い刺激になるのですね。五感を意識して使うと感覚が研ぎ澄まされていきます。料理も集中して行うと一種の瞑想状態になります。
昔ヨガの師匠に言われたことがあります。料理や食事はTVを観ながら、電話をしながらしてはダメよ、と。口は食べているのに目はテレビを観たり、行為と思考が違ってはいけない。ながらの料理には愛情が入らない、と。
思考がどこかに飛んでしまうと、今の一瞬を感じる、ということがおろそかになります。私達は現在を生きているのに思考が過去や未来に飛んでしまうと今の現在がおろそかになる。
「いまここ」を感じなければ時間の無駄遣い。ここにもエコ、かな。
[PR]
by yogini_yogini | 2013-03-16 21:28 | Prajñā