yoga instructor akemi's blog manana yoga


by yogini_yogini

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
+++profile+++
what's new!?
workshop
yoga講座
yogatherapist講座
moon
♪music♪
Prajñā
mantras
vegetable fruit
お勧めの本
**schedule**

以前の記事

2015年 06月
2015年 04月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
more...

フォロー中のブログ

ヴェーダーンタ勉強会 パ...
shake's COUN...
『広尾麻布スタジオ』お子...

link

最新のトラックバック

ライフログ


インテグラル・ヨーガ―パタンジャリのヨーガ・スートラ


あの世に聞いた、この世の仕組み


運と幸せがどんどん集まる「願いごと手帖」のつくり方

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
日々の出来事

画像一覧

体に良い油を摂りましょう

先日レッスンでもお話した食用油のお話です。
ちょっと前にエ○○クッキングオイルの発ガン性が問題になりました。最近流行のこういった健康とかヘルシーとかのネーミングのついた油、発売当初から怪しいな~と思っていたのですが、今回の発ガン性の問題でやっぱりな、という感じです。
材料がはっきりしているオリーブオイルなどと違い、これらはいったい何から出来ているのでしょう?わからないですよね?では裏をひっくり返して見て見ましょう。これらの成分は

食用精製加工油脂
乳化剤
酸化防止剤(ビタミンE)
植物ステロール

などです。合成されて色んなものが混ぜ込んであるのです。こういった油は食用油を加熱、加水分解して再合成した加工油脂なので、生体にとって望ましくないトランス脂肪酸も増加してしまいます。これは自然界に存在しない物質なので、体内に入ると代謝しきれず蓄積して行きます。トランス脂肪酸が体内に蓄積するとどんなことが起こるでしょうか?

 ・悪玉コレステロールを増加させる
 ・善玉コレステロールを減少させる
 ・免疫機能を弱らせる
 ・トランス脂肪酸をたくさんとっている人ほど、認知機能が早く低下する
 ・発がん性、糖尿病のリスクが高まる

と、こんな危険なものです。メーカーは一部分の良い面だけを強調して、あたかも摂取すると痩せたり健康にでもなれそうなネーミングをつけて印象のよいタレントをCMに起用して購買意欲を掻き立てますが、騙されてはいけません。
トランス脂肪酸が多く含まれる食品はマーガリン、フライドポテト、ポテトチップス、ファストフードのものです。外食産業の油物は揚げ油に硬化油という合成した油を使い、高温で調理するのでトランス脂肪酸が多く含まれます。油で高温調理するものは避けたほうが良いのです。オランダではマーガリンは販売禁止とされているほど。トランス脂肪酸についての詳しいサイトはこちら

ではどんな油がいいのか?
単価不飽和脂肪酸の割合が高く、多価不飽和脂肪酸(リノール酸)と飽和脂肪酸の割合が低い油が理想となります。色々な油を比較したサイトはこちら
最近よく見かけるグレープシードオイルもビタミンEの含有率がオリーブオイルよりも高く、ポリフェノールもたっぷり入っていていいオイルですが、なたね油と同じくリノール酸が少し多い点が難点です。成分を比較すると、オリーブオイルの脂肪酸の割合が最も理想といえると思います。台所の油はオリーブオイル1本にしたほうが良さそうです。
[PR]
by yogini_yogini | 2009-12-04 18:15 | Prajñā