「ほっ」と。キャンペーン


yoga instructor akemi's blog manana yoga


by yogini_yogini

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
+++profile+++
what's new!?
workshop
yoga講座
yogatherapist講座
moon
♪music♪
Prajñā
mantras
vegetable fruit
お勧めの本
**schedule**

以前の記事

2015年 06月
2015年 04月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
more...

お気に入りブログ

ヴェーダーンタ勉強会 パ...
shake's COUN...
『広尾麻布スタジオ』お子...

link

最新のトラックバック

ライフログ


インテグラル・ヨーガ―パタンジャリのヨーガ・スートラ


あの世に聞いた、この世の仕組み


運と幸せがどんどん集まる「願いごと手帖」のつくり方

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
日々の出来事

画像一覧

<   2007年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

music

「レッスンで使用しているCDを教えてください」とよく聞かれるので、今日はお気に入りのCDを紹介したいと思います。
a0108954_21252275.jpgシャバアサナの時に良く使っているのが「トワメーヴァマ~タ♪」から始まるjai uttalの「loveland」
a0108954_21255198.jpg 女性の声のものはたいていDeva Premalです。中でも好きなアルバムは「dakshina」。

去年はガムランの音が好きでJALAN JALANから出ている「UBUD」「BALI」「BALI dua」もよく使っていました。皆さんもお勧めがあったら教えてください♪
[PR]
by yogini_yogini | 2007-09-28 21:15 | ♪music♪

中秋の名月○

今夜は十五夜です。まだちょっぴり欠けていますが明るくて綺麗な月夜ですね。今月の満月は明後日9月27日の明朝4:45に牡羊座で起こります。牡羊座は頭や顔を象徴します。月が牡羊座にいる時期は、頭皮マッサージをしたり、目の周囲を指先で軽く押したりしてみましょう。疲れが取れて思考もクリアになり、ひらめきや直感がいつも以上に冴えるかもしれません。頭頂のツボを押したり布団の上で頭を床に付けてもスッキリした気分になります。アーサナではシャシャンカとシルシャーアサナですね。目や鼻、歯の治療、コンタクトレンズの買い替えもこの日に!

満月の日は月と太陽がオポジション(180度)の配置です。新月に立てた目標がとうとう成就します。緊張感や不満感が一気になくなり、脱力ムードになります。下弦の月までの約1週間は自分を客観的に見つめる時期。目標が実現しなかった場合は、その原因を分析したり代替案を考えましょう。
[PR]
by yogini_yogini | 2007-09-25 23:36 | moon

ヨガセラピスト講座5 各種疾患

ヨガセラピスト講座第5回目の今日は「心身医学標準テキスト」という医学書を片手に各種心身病についての勉強でした。糖尿病、肥満、本態性高血圧、虚血性心疾患、狭心症、心筋梗塞、消化性潰瘍、胃・十二指腸潰瘍、過敏性腸症候群、喘息、免疫、アレルギー、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、膠原病、慢性関節リウマチ、全身性エリテマトーデス(SLE)、更年期障害など。医学の専門的知識がない一般人の私達にはなじみのない病名もあるのですが、ざっと病気の概念や症状、原因を教えていただきました。
 中でも免疫についてはとても興味深く、西洋医学でもよく分からないところが多々あることに驚きます。一般にもよく知られているリウマチでさえです。抗原という侵入者が体に入ると、体にもともと備わっている免疫により抗体が出来て抗原とくっついてこれを排除します。しかしこの抗原と抗体とがくっついたままなぜか体から排除されずどんどん大きな塊となり体の中に溜まってしまい、更にリウマトイド因子というものがこれにくっついて免疫複合体と呼ばれるものになり、それが関節などに引っかかります。その場所で抗体はまだ一生懸命抗原をやっつけようとするので関節も一緒にダメージを受けてしまうのです。悪くない自分の細胞までもを攻撃してしまう病気、自己免疫疾患です。でもどうしてこうなってしまうのか原因がわからないのです。検査してリウマトイド因子が見つかればリウマチと診断されるのですがこの因子がなぜ出来るのかもわかっていません。
 免疫のシステムを簡単に言うと、自分の中の細胞には全部自分の固有のマークがついています。悪者が入ってきて細胞がそれに感染すると自分のマークが変わります。この違うマークに目を光らせていて、免疫系は違うマークの細胞を攻撃し自分とは違うものを排除しようとします。それが適切に行われていけば問題は無いのですが、何らかの原因で免疫システムが正常に作動せず、間違えて正常な自分の細胞を攻撃すると自己免疫疾患を起こします。
[PR]
by yogini_yogini | 2007-09-22 22:31 | yogatherapist講座

batubatuラストレッスン

a0108954_2137891.jpg今日はbatubatuでの最後のレッスンでした。連休にもかかわらず沢山の方に来て頂き2クラスとも定員一杯でした、参加して頂きありがとうございました!そして人数いっぱいで予約をお断りした方には、申し訳ありませんでした。
レッスンが終了したら受付スタッフからケーキを頂いたり、思いがけず生徒さんからお花を頂いたり、お手紙を頂いたり、感謝の言葉をかけて頂いたり・・・!本当にありがとうございました。その1つ1つがパワーになります。ご縁があってこうして皆さんとお会いすることが出来て本当に良かったです。皆さんのお気持ちに感激した日でした。namaste!
(でも時々は代行でひょっこり顔を出すと思いますのでその時は又宜しくお願いしますね^^皆さんのお顔を見るのを楽しみにしています)
[PR]
by yogini_yogini | 2007-09-17 21:36 | what's new!?

レギュラーレッスンNEW

*****10月より******
毎週土曜日 錦糸町 stone spa SOAN 13:15~ / 15:30~
*10月20日はヨガセラピスト講座のためお休みを頂きます。
[PR]
by yogini_yogini | 2007-09-14 13:36 | **schedule**

3つのグナ

ヨーガの3つのグナという重要なコンセプトについてお話します。それを理解することによってヨーガの全てを理解する事ができます。自然の中の全てを説明するものがこの3つのグナというものです。自然の3つの基本的な要素のことです。どこにでも存在します。

3つのグナ
サットヴァ・・・純潔、バランス、調和、ハーモニー、知識、賢さ
ラジャス・・・ 動き、活動、エゴイズム、自分中心的
タマス・・・・・ 不活性、どんどん自分を下のほうに引っ張る、暗黒、無知

 ヨーガのライフスタイルというのは、先ほどお話したのを覚えていると思いますが、そのヨーガの5つのポイントを毎日していけば自分の人生がサットヴァなものになります。サットヴァというのは純潔、バランス、調和、ハーモニー、ポジティブ、健康、知識、英知。 この5つのポイントを実践せずにヨーガな生活を送らない場合は、人生の中でラジャスとタマスが支配することになります。ラジャスとタマスによって支配された生活は上下がとても激しいものになります。まるでジェットコースターに乗っているような感じです。上に上がって行く時にはとてもエキサイトして興奮するのですが、その次にはすごく落ち込んでしまう、そんなような人生になってしまいます。平穏が訪れないということです。いつも人生が興奮できるようなものでないといけないというような間違った考えを持つと、エネルギーがなくて非常に落ち込んだような状態を経験すると、踊りに行ったり、コーヒー、アルコールを飲んだりして又興奮しなくてはいけないという強迫観念にさらされてしまいます。興奮して興奮して、そして疲れて又落ち込んでしまいます。ラジャス、タマス、ラジャス、タマスのくり返しです。幸せ、不幸せの連続です。それがなぜかというのが理解できないのです。笑ったと思ったら次の瞬間にはため息をついて落ち込みます。大好き大好き!の次にはもう大嫌い。いつも状況が変わってしまいます。自分の人生のコントロールがきかなくなってしまいます。日本人は働いて働いて働いて、寝に帰るだけ(笑)それをサットヴァにどうやってもっていけば良いかということになります。

 サットヴァな人生はとても楽しむことが出来ます。なぜならサットヴァには自分の魂、スピリットが含まれるからです。サットヴァではマインドは非常に平穏です。マインドは集中して行きます。自分が行わなくてはいけないものを追求するような人生になります。サットヴァな人生では、波風が立っていない湖の水面を見ているような状況で、自分が誰であるかというのが非常にハッキリと見えます。
 タマスでは湖の水が泥だらけで汚くて、なおかつ匂いもあるような状況で何も見ることが出来ません。
 ラジャスでは波が立ってしまっていて、見ることが出来ません。沢山の波が立っている写真を見ると、写そうと思っている一部しか見えません。現実のほんの一部しか見る事が出来ないということです。そういう状態で自分を映し出そうとしても、自分のマインドが作り出した、投影したものしか見る事ができないのです。メガネの話をしましたが、自分のメガネに何か問題があった場合はその問題を通してしか読むことが出来ません。タマスの場合はきちっと見えませんしラジャスの場合には一部しか見えません。そうした状況で自分が行動を起こすと必ずそれに対する反応が返ってきます。
 サットヴァでは見る事が出来ます。ピースフルで落ち着いていて清らかな状態なのでとても良く見えるのです。サットヴァは自分の事も良く分かりますが、自分の周囲にあるもの全てに関してもよく見ることができます。社会の中で自分が果たすべき役割を理解できます、そして貢献する事が可能になります。
 
 ラジャスでは自分の自我しか、自分の事しか見えません。ラジャスでは自分中心的な状況です。他の人全員が自分の考え方についてきて欲しいと考えます。人々が自分の事を認めないと非常に怒るようになります。全てを自分の管理下に置きたいと考えます。ちょっとしたことなのに大変に騒ぎ立てたりします。すごく重要なことなのにそれを軽視したりします。正確な現実というのをみる事ができません。
 タマスでは全く何も見えないのです。タマスは暗黒、眠たい状況を指します。タマスの色は黒です。非常に落ち込んでいる人はいつも黒を着ている事が多いです。夜というのがタマスの状況です。例えば犯罪がよく起るのも夜です。タマスがその時間に一番多いので知識の中の無知がその時間を牛耳っているわけです。タマスな状態ではきちっとした考え方ができません。例えば起きた直後はまだタマスが非常に残っているので、そういう時に誰かが何かを質問をしてもそれに対して自分がきちっと答えられない状況があります。ですからヨーガの生活ではあまり長くは寝ないようにしています。例えば一日10時間寝るとします。そうすると自分の中でタマスが溜まりすぎてしまうのでそれは良くないとされているからです。そうすると怠けたり落ち込んだり、エネルギーが無くなってきます。ヨーガの生活では長くても6~7時間の睡眠を推奨しています。
 
 ラジャスの代表的な色は赤です。例えばどういうような人がラジャスかというと、赤い服を着て赤いスポーツカーに乗っているな人です。すごくスピードを出して走ります。東京の端から端まですぐに移動して映画館で上映している映画全てを見たりします。同時に3つも4つも仕事を兼任したりします。ガールフレンド(ボーイフレンド)が3,4人います。すごく野心があり、一番いい会社でその中でトップに立ちたいと思っています。すごく怒りやすい性格です。沢山の願望があります。

 現在の社会はとてもラジャスな社会だといえます。ですからストレスが非常に溜まりやすい状況です。沢山の事を行って沢山働きます。なぜならラジャスはアクションを起こす、行動を起こすという質だからです。沢山の行動、行動、もっと行動です。ですからストレスが溜まります。ラジャスな社会というのは非常にストレスが多い社会です。ラジャスを静めるために1つだけ方法があります。サットヴァを持ってくることです。ヨーガが今非常に人気があるのはそのためかもしれません。なぜなら社会がどんどんラジャスに傾いているので、人々は落ち着きたいと感じるからです。ヨーガが自分の人生の中でサットヴァをもたらしてくれます。もっと落ち着き、もっとリラックスします。
 
 サットヴァな人もタマスな人も外見は同じです。サットヴァな人は静かにニコニコして座っています。なぜならその人は賢いからです。タマスな人も静かに座っています。でもそれは眠たいだけです、なまけているだけ。サットヴァとタマスは全く別のものです。タマスは動きません、それは怠ける心、無知から来るものです。サットヴァは平穏です、でもそれは知識を持っているからです。
ヨーガの生活はより多くのサットヴァをもたらしてくれます。ですから平穏で平和でポジティブで健康になりたかったらヨーガな生活をしてください。 サットヴァという事を覚えておいてください。
なぜベジタリアンかに続く)
(最初からスワミのお話をお読みになりたい方はどうぞwork shopカテの「幸せと苦しみの根源」からお読みください)
[PR]
by yogini_yogini | 2007-09-13 16:06 | workshop

Shantih

 マントラの最後に、よく「Om Shantih Shantih Shantih」とシャンティを3回唱えますが、シャンティというのは平和・静けさ、という意味です。1回目のシャンティは自分自身の為です。自分のマインドの中に間違った考えが生まれないように、自分自身に対して平和であるということ。2つめのシャンティは自分自身と繋がりのある人達の為に。非常に親しい人は自分とは一緒に暮らしてはいないかもしれませんが彼らは自分の事を考えてくれています。彼らが自分の事を考えてくれていると言うことは彼らのマインドと自分のマインドは繋がっていると言う事になりますから、そうすると怒ったり苦しんだりもしなくてはならないことになります。ですから2つめのシャンティは自分と何らかの繋がりのある人達の為に捧げます。
 例えば、自分自身が平穏で、自分の周りの人も平穏だとします。では自分自身の平穏を乱すのは何でしょうか。例えば南米で大地震が起こって沢山の人が亡くなってしまったり、イラクで爆弾が爆発し沢山の人が亡くなります。彼らのことを直接は知りません。彼らは自分の親戚でも友達でもありません。でも世界の中で誰かが、そういう心の乱れを発しているということは、ヨーガではそれは自分自身に影響を与えるという風に考えます。なぜならヨーガは結合の科学だからです。意識は1つだけというように理解しません。ですからヨーガは幸せの科学なのです。自分だけが健康で自分だけが幸せなのではなく、他人のことも考えなくてはいけません。他人の皆さんも健康で幸せであるということを常に考えなくてはいけません。そうすれば自分自身も幸せになりますし、健康になります。ですからヨーガは人生のアート、芸術です、ライフスタイルの道です。それは幸せのため、健康の為です。自分の為、そして全員の為です。これはクラシックなヨーガの定義です。これは世界中のさまざまな書物に記されていることです。普遍的な教えです。ある特定の人種だけでなく、全世界の皆さんにとって同じ事です。これがスワミ・シバナンダが教えてきたことです。 シャンティを3回唱える時には、最初のシャンティは自分の為、2番目のシャンティは自分とつながりのある家族、友人のため、3番目のシャンティは全世界のためにという意識をして唱えるようにしてください。

 ヨーガが何であるかという事を理解頂けたでしょうか?体、マインド、スピリット。個人と見えない宇宙をつなぐもの。それがヨーガです。「自分、自分、自分」と自分の考え、自分の体だけではないのです。でも自分の体とマインドに働きかけなくてはいけません。それは自分のより深いところにある自分自身に近づく為です。それに近づくと全員とのつながりを持てるようになります。「無償であること」が非常に重要なのです。ですからシバナンダヨガセンターを設立するのもNPOとして設置するということになっています。今日ここにいる黄色と白を着ている先生は皆さんカルマヨギ、無償で働いています。お金儲けのためではなく、自分がヨーガというものに期待する信念を持っているから皆さんにヨーガを教えているのです。皆さんにピースを教えるためです。皆さんに支払って頂いたこのワークショップのお金もセンターの設立の資金になります。

 これまでヨーガの5つのポイントと4つの道、ヨーガが何であるかをお話しました。3つの体(フィジカルボディ、アストラルボディ、コーザルボディ)がある事 も。クラシックなヨーガはその3つの体を考慮に入れること。ボディ、マインド、スピリットです。そしてヨーガの目的はそれを超越すること、その3つの体に対する執着をなくすこと、真実の自分が何であるかと理解すること。
 ですからヨーガの目的は非常に崇高な物です。ヨーガの目的は超越したものということ。しかし段階を追って行っていかなくてはなりません。非常にそれは実用的に学んでいかなくてはいけないということです。それは定義ではなくて毎日実践する事が重要なのです。体、そしてマインドを調和すること、なぜなら我々は全て完璧なわけです。自分の中には光と知識が存在します。でもなぜその光の知識が見えないのでしょうか。それは不浄な部分が存在するからです。我々は気分が高揚したり落ち込んだり、ネガティブな感情が生まれるというのはなぜでしょうか。それは自分達のシステムの中に不純な部分が存在するからです。 体の中、エネルギーシステムの中にもです。
 マインドの中、我々が言葉を発する時にもネガティブになることがあります。考え方そして聞く時においても不純な部分が存在することがあります。ヨーガは浄化するのに役立ってくれます。浄化という言葉は非常に重要です。浄化というのは清めるという意味です。
3つのグナに続く)
(最初からスワミのお話をお読みになりたい方はどうぞwork shopカテの「幸せと苦しみの根源」からお読みください)
[PR]
by yogini_yogini | 2007-09-11 22:53 | workshop

マインド≠自分

 ヨーガは非常に厳正で律されたトレーニングを行うので、すぐに結果を求める人もいますけれども、ずっと毎日続けて継続していく事が重要なのです。ですからある1つのグループに限られているものではなくて非常に普遍的な教えなのです。私は世界中で全く同じ事を説いています。通訳が入ったりしますが、内容は全く同じです。なぜなら体やマインドはどこでも同じだからです。問題も一緒です。日本の社会でも、アメリカの社会、インドの社会でも発生する問題は一緒です。体やマインドはどこでも同じだからです。ですからヨーガは普遍的な教えという事ができます。普遍的というのは、特定の人達だけではなくて全体的に、世界的に適用されることができるという意味で考えます。

 以前日本では問題があったと聞きました。例えばOmという普遍的な音を使った人達が存在したと聞きました。Omというのは全部を1つに集めるという意味の言葉の音です。宇宙における一番基本的なバイブレーションです。波の音や風の音や赤ちゃんの音と同じな訳です。赤ちゃんは話せませんから自分が何かを感じたら泣きます、それ自体がOmです。世界中の赤ちゃんは皆同じ泣き方をしています。ですからOmというのは普遍的な言葉なのです。1部の人だけに適用されるものではないのです。
 ヨーガを学ぶというのは普遍的な教えを学ぶという事でもあるのです。自分の人生における最も基本的な事を学ぶことになります。インドからやってきた神秘的なものというのではないのです。自分の人生に適用できる非常にシンプルな教えです。自分自身について学ぶことが出来ます。自分自身の体、自分自身の健康、自分自身のマインドについて学ぶ事が出来ます。自分のマインドを理解するという事が非常に重要になってきます。ヨーガは自分のマインドを理解するという事を教えてくれます。ですから一番重要なのは、マインドをどうやって制御するかということなのです。自分の体、呼吸を律することはできますがそれは最終的に自分のマインドを制御するためのものなのです。

 マインドというのは道具なのです。例えばメガネ、見るためにはメガネが必要です。見るための「道具」なのです。私はオレンジ色が好きなのでメガネのレンズもオレンジ色にしていますが、メガネをして見ると皆さんがオレンジ色に見えます。「みんな人参ジュースでも飲みすぎて顔がオレンジ色なのかな」と思います(笑)。なぜなら色が付いたレンズを通して見るからです。それはマインドを通して「自分が見る」という事と同じ事なのです。そう理解することによって苦しみを回避することが出来ます。例えばレンズにひびが入っているとします、すると皆さんの顔に傷があるように見えます。美しい女性を見て「なんだ顔に傷があって醜いじゃないか」といいます。彼女はとても怒ります、そうして問題がどんどん大きくなります。自分はその人に傷があると思ったのですが、実際にはレンズに傷が入っているだけなのです。
  ですからヨーガにおいて自分のマインドが何を考えているかという事を理解するわけです。そうすると間違った行動、そして間違ったリアクションというのを防ぐことが出来ます。それはすごく簡単なことです。間違った考え方、間違った行動、そして間違ったリアクションが回避できます。それによってカルマを作り出すといいます。自分が間違った行動を起こすと、間違ったリアクションが自分に返ってきます。自分のマインドが自分の生活を、人生を、作り出しているという様に考えます。自分のマインドが自分の幸せ、もしくは苦しみを作り出すと考えています。  
  
 ヨーガは、体・呼吸・リラクゼーションを使うことによってマインドが静まるという方法を教えてくれます。それによって自分の事がクリアーに見えてきます。そうすると間違った考え、間違った行動をなくすことが出来ます。自分自身、そして他人に対して苦しみを与えるといった事がなくなります。それがヨーガの目的です。
Shantihへ続く)
(最初からスワミのお話をお読みになりたい方はどうぞwork shopカテの「幸せと苦しみの根源」からお読みください)
[PR]
by yogini_yogini | 2007-09-08 13:38 | workshop

ヨーガの4つの道

Karma Yoga (カルマ・ヨーガ):無償の奉仕のヨーガ
Bhakti Yoga (バクティ・ヨーガ) :献身愛のヨーガ
Raja Yoga(ラージャ・ヨーガ): 科学的自己統制のヨーガ(ハタヨガはここに入ります)
Jnana Yoga (ギャーナヨーガ):知識・智慧のヨーガ
*発音はニャーナ、となりますが日本語表記ではよくギャーナとされます。以下ではスワミの発音どおりニャーナヨーガとします

ヨガには4つの道があります。これもシバナンダヨガの教えの一部です。今の現代社会ではヨガがなんであるか?ということの大混乱が起っていると思います。自分の幸せ、自分自身を誰であるかという事を発見させてくれる方法だと考えてください。この3つの体を理解してそれをどうやって使うのかということを考えます。

カルマヨーガ
無償の奉仕という意味です、他人の幸せ、他人が心地よくなるために自分が無償で奉仕するということです。なぜならそれを行うことによって自分自身がより高い道に上がることが出来る、自分がより幸せになれるということです。自分の事だけを考え、自分中心的にしていると自分の中でどんどん小さくなって行きます。自分自身が小さくなっていきます。カルマヨーガというのは自分がどういうように仕事をしていて、どういう風に対人関係をしてきたかということを教えてくれます。自分の仕事、自分のエネルギー、自分の活動をどうしたら毎日充実した生活を送れるかということを教えてくれます。そうしないと自分によりストレスが溜まって、自分がどんどん制限された状況になってしまいます。

バクティヨーガ
ハートをよりオープンにさせるため、そして献身愛のヨーガとよく言われます。チャンティング、キルタンで歌を歌ったり、そういう事によってもハートをよりオープンさせる事を行っていきます。

ラージャヨーガ
マインドを制御するための科学的な方法です。ハタヨーガというのはラージャヨーガの一部です、ハタヨーガというのは太陽のエネルギー、月のエネルギーを一緒にしたというようなヨーガです。ですからアーサナを行ったりプラーナーヤーマを行ったりする時はハタヨーガを行っていると言えます。ハタヨーガを行うことによってラージャヨーガの瞑想へと導かれます。ですからアーサナを行うことによって瞑想へと導かれているのだという意識を持つ事が重要です。ですからアーサナを行っている時はそのアーサナでの安定したポーズをある程度の時間保持することによって集中するという事が非常に重要になってきます。上級者になってくると、沢山のアーサナを行うのではなくて、いくつかのアーサナをずっと維持してそれでリラックスするということを学ぶというのが重要です。集中することによって瞑想へと導かれるからです。
 マントラヨーガ・ジャパヨーガ・クンダリニーヨーガ、それら全てラージャヨーガに含まれます。8つの支則、8つの方法があります。アシュタンガと呼ばれます。今アシュタンガヨーガというのがシステムとしてありますが、ヨーガの8つの支則をきちんと学ぶことによってそのアシュタンガヨーガを発揮するということも大事です。自分のエネルギーを浄化して自分のエネルギーを使えるようになるとクンダリニーヨーガを制御したということになります。ですから沢山のヨーガの名前がありますが、それによって混乱しないようにしてください。一番重要な点を理解すれば混乱は起きないと思います。体・マインドとスピリットを使うこと。それによって自分の心の平穏と幸せを見つけるために、そして苦しみを避けるために、それによって病気も防ぐことが出来ます。病気というのはマインドの中で間違った考え方をしているから起るのです。病気というのは精神的なもの、感情的なもの、そして肉体もマインドも全てのレベルであります。ですからヨーガはありとあらゆるレベルに作用することによって自分の体を健康にしてくれます。

ニャーナヨーガ
もっとも上級者向けのものです。もちろん実践することはできます。先の3つの道をまず実践してからでないとこのニャーナヨーガに行くことは出来ないので上級者向けといわれるのです。非常にマインドがクリアーでないとこれを把握することが出来ないからです。真実、そして自分自身が何であるかという事を自問するためにはそれが必要になってきます。ですからニャーナヨーガでは自分が誰であるかと言うことを問います。真実は何であるか。自分に疑問を投げかけること、そして距離を置くことという事が重要になってきます。

これがヨーガの4つの道と呼ばれているものです。ヴァガヴァットギーターというヨーガの事を説いた本があるのですが、そちらに全て書かれています。まだ沢山本はあるのですが、でも非常に重要に覚えておいて頂きたいのはこれは最近誰かが考え出したことではないということです。数千年前から実践されているものです。
マインド≠自分に続く)
(最初からスワミのお話をお読みになりたい方はどうぞwork shopカテの「幸せと苦しみの根源」からお読みください)
[PR]
by yogini_yogini | 2007-09-08 12:36 | workshop

new moon

今月の新月は9月11日(火)21:44に乙女座内で起ります。
乙女座は健康や自己管理を象徴する星座。月が乙女座にある時期は、心身の健康に関心が向きやくなります。食事や生活サイクルを健康的に変えたいのならこの時期が適しています。ヨガや体操、ダイエット、禁煙、禁酒などを始めるのにも良い時期です。
[PR]
by yogini_yogini | 2007-09-05 20:54 | moon