yoga instructor akemi's blog manana yoga


by yogini_yogini

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
+++profile+++
what's new!?
workshop
yoga講座
yogatherapist講座
moon
♪music♪
Prajñā
mantras
vegetable fruit
お勧めの本
**schedule**

以前の記事

2015年 06月
2015年 04月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
more...

フォロー中のブログ

ヴェーダーンタ勉強会 パ...
shake's COUN...
『広尾麻布スタジオ』お子...

link

最新のトラックバック

ライフログ


インテグラル・ヨーガ―パタンジャリのヨーガ・スートラ


あの世に聞いた、この世の仕組み


運と幸せがどんどん集まる「願いごと手帖」のつくり方

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
日々の出来事

画像一覧

<   2007年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ヨガセラピスト講座8 高血圧とヨーガ・セラピー

 高血圧とは安静時の血圧が正常値よりも高い人のことです。高血圧には40歳前後から徐々に現れる「本態性高血圧」と腎臓の病気やホルモンの異常などの原因から急速に発症する「二次性高血圧」とがありますが、ここでは日本人の高血圧患者の9割を占める本態性高血圧について取り上げます。
 
主な発症原因は持続的なストレス・生活習慣(飲酒・運動不足・肥満・塩分過剰摂取など)・環境からの物理的刺激・遺伝と考えられています。しかし医学的には原因は不明です。一般的に両親とも本態性高血圧の場合、子供の約半数は本態性高血圧になります。ですから遺伝的素因と日常生活上の不摂生は高血圧の発症にそれぞれ半分ずつ寄与していると考えられます。
ただ、これには個人差が大きく、遺伝的素因の関与が圧倒的に大きい患者もあれば、逆に日常生活上の関与が大きく、ライフスタイルの改善だけで血圧が完全に正常化する人も多くいます。
ですから医学的には、治療方法は食事療法、運動療法から始め、効果が見られない場合は薬物療法がとられます。

ヨーガの考え方は、高血圧もストレスが大きく関係しているとしています。大脳皮質の感情野で怒り、恐れ、緊張などのストレスを感じると視床下部では交感神経が刺激され、その結果血管を収縮させるのです。心臓を強制的に収縮させてしまいます。病気のほとんどがストレスから引き起こされるのはもうお分かりいただけたでしょうか。

高血圧の患者の特徴では真面目で几帳面な性格が上げられます。ヨーガ・セラピーではストレスとは心の働きの速さであるとしています。ヨーガ・セラピーでの治療は、サイクリックメディテーションで熟考ー静寂ー休息をし、患者に心の静けさ、深い休息を覚えさせていきます。プラーナーヤーマでゆっくりとした深い呼吸で速い呼吸の制御、交感神経の働きを沈静化します。ヨーガの智慧で否定的な感情を肯定的な感情へ、怒りやいらつきを許しへ、緊張・恐れ・嫉妬・憎しみを受容へ、落胆を自信へと変えていくのです。自分を客観視し意識作用の暴走を止めていくのです。荒れ狂う馬に一緒になってしがみついてはいけません。馬に手綱をかけ暴走を止め、一段高いところから見下ろし行く方向を見定め、ゆっくりとした歩調に戻してやらなければいけません。意識作用の暴走に気づき、それを止めれば体と心は相互関係がありますから呼吸作用の乱れも落ち着き、血圧を高めようとする反応を落ち着かせる事ができるのです。

 YG性格検査(矢田部ギルフォード性格検査)という自分の性質を調べるテストがありますがご存知でしょうか。抑うつ性・回帰性傾向・劣等感・神経質・客観的か・協調的か・愛想・活動性・のんきさ・思考的外向・支配性・社会的外向などが数字で出てきます。私達ヨーガセラピーの受講者も講座初日と半年後でYGを調べました。(班の5人のデータをまとめ、半年間の経過を論文にして来月提出、プレゼン発表という恐怖の難題が控えているのですが)その結果を比べてみると面白い発見がありました。たった半年で自分の性質が変わるとは思っていなかったのですが、同じテストなのに若干結果が変わっていました。特に変化が見られたのは「気分の変化ー著しい気分の変化、驚きやすい性質」の項目でー4ポイントも減っていました。割合にすると5分の1減です。ラジャスが少し落ちついて波立った湖面が少しだけ落ち着いてきたのなら嬉しいことです。たった半年でも確実にヨーガの恩恵が得られていると実感することができました。
[PR]
by yogini_yogini | 2007-12-30 17:02 | yogatherapist講座

full moon

今年最後の満月は12月24日クリスマスイブの10:16に蟹座で起ります。月が蟹座にいる時は感情があふれるように豊かになり、小さなことにも反応するようになります。そんな時は心の安定剤は慣れ親しんだ場所や物。自分の部屋でのんびり過ごしたり、心から信頼できる人と過ごしましょう。もっとくつろげるような部屋の模様替えも良いでしょう。ただしこの時期は食べ過ぎに注意を。
[PR]
by yogini_yogini | 2007-12-21 21:13 | moon

yoga means union

  マインドを超越することによって自分の事が理解できます。シバナンダ師がおっしゃったのは、奉仕して与えて浄化して意識して瞑想すること。それが4つの道です。奉仕するというのがカルマヨーガ、愛しなさい、与えなさいというのがバクティヨーガ、浄化しなさい、瞑想しなさいというのがラージャヨーガ、認識しなさいというのがニャーナヨーガです。自分が自分であるという事を認識しなさいというというのがメッセージでした。自分が自分の名前の人間であると認識しがちです。自分が自分の体に在るというように思いがちです。例えば自分が40歳で女性であると思いがちです。自分の体と自分を同一視します。自分の性別と自分を同一視します。自分達の文化と自分を同一視します。自分達の文化的な習慣と自分を同一視します。自分達の年齢と自分を同一視します。そしてそれが自分達であるかのごとく考えてしまいます。でもそれをどんどん意識すればするほど自分達は他人との差がどんどん広がっていってしまいます。苦しみというのは他人と自分が違うと言うことから発生していくのです。
 「yoga means union」、ヨーガはつながり、結合と言う事を意味します。全員が同じものなんだと言う事を理解させてくれます。分離した状態ではなくて、全員が一緒であるという状況を認識するのです。それが別々な分離している状態の中の統一性という風にみなすのです。ですから違いがあるというのを受け入れながら、自分達の中で共通しているものも認識するということ。それがヨーガです。
 ニャーナヨーガというのは自問すると言うこと。自分が誰であるか、私はこの体であるのか、例えば私が彼女に私の腕をあげましょう、すると私の腕をあげたから彼女は私になるのでしょうか?私の変わった部分は1本腕がなくなったということです。でもまだ私なのです。身体の一部分が変わってもまだ自分のままなのです。なぜなら自分というのは自分の中にある意識だからです。ずっと常駐しているのは自分の意識だからです。そして自分の中には必ずその意識が存在しています。それは全く同じものです。ですからその中の中にある意識と自分の意識を同一視することによって私はあなたと同一なのですというように言えます。それは普段の考え方とは少し異なります。通常は私は彼とは、彼女とは違うと言うように考えます。例えば自分は男である、女である、彼女より大きい、小さい、そういう風に考えます。でもそのような考え方と言うのは自分のためになりません。そのような考えることによってより多くの緊張、そして対立を生みます。
 ですからニャーナヨーガでは考え方を変えて行きます。私は自分自身の意識であると考えます。そして全ての事物から距離をおきます。全ては変わっていくのです。ずっと続いていくものはありません。人間関係も変わります。誰かを愛していてもその対象が変わってしまいます。そしてなんで変わってしまったのかと問い詰めます。相手から変わったのは君のほうだと言われます。そしてお互いがお互いのせいにして、そして関係が変わっていきます。体も変わっていきます。夜寝て朝起きると又その体も変わっていきます。仕事も変わっていきます。それは良いことかも悪いことかもしれませんがどんどん変わっていってしまいます。
 世界全体が変わっていきます。数年前は誰も携帯電話は持っていませんでした。インターネットもEメールもありませんでした。今は全員が携帯電話を持っていますし、インターネットもEメールも持っています。世界が近くなってどんどん世界中飛び回って、カナダから来て今ここで座ってインド料理を食べることも出来ますし、こういうお茶を飲むことも出来ますし、サンスクリット語でサットサンガもできます。すごく早く物事が変わっています。ですから物事に固執する場合はストレスがどんどんたまってしまいます。変わって行っているからです。
 ですからニャーナヨーガというのは自分自身の不死身の意識を見つけなさいと教えてくれます。絶対に変わらない自分の中にあるものというのが存在します。常にそれは存在します。それは完璧なものです。それは、より大きくすることは出来ませんし小さくすることもできません。それに悪口を言うことも出来ません。それを誰もあなたから取り上げることも出来ません。なぜならそれは真実だからです。それは自分自身の意識なのです。ですからヨーガによって自分の意識を認識する事が出来ます。それを不死身の意識と呼びます。自分の純粋な自分です。それを認識すればするほど、自分の中の平穏さが生きてきます。どういう変化が自分の周りに起っても、自分自身は安定する事が出来ます。恐怖も起りません。例えば嫉妬とか人をうらやむという事も発生しません。なぜなら理解するからです。自分の中にある完璧さというのを自分が認識しているからです。
(sivananda yogaに続く)
[PR]
by yogini_yogini | 2007-12-17 13:51 | workshop

~8支則②~

 3つめはアーサナです。ヨーガはこのアーサナが一番有名です。ヨーガはアーサナだけであると思っている人が沢山います。でもヨーガはアーサナ以外に沢山あるのです。ヨーガを実践するにあたってアーサナというのはほんの一部にしかすぎないのです。それはヨーガの1角でしかありません。その下には沢山の事があるのです。でもほとんどの皆さんは多分アーサナでヨーガを始められたのではないかと思います。なぜかというとそれは非常に実用的なものだからです。体が健康であれば精神的にも非常にいい気分を味わえるからです。体をコントロールすることが出来れば感情をコントロールすることもできます。
 
 次はプラーナーヤーマです。プラーナをコントロールすることが出来ればマインドをコントロールする事が可能です。ですからアーサナを行うときには呼吸をコントロールすることも学ばなければいけません。

 次はプラティヤハーラ、それは制感、感覚を制御することです。アーサナを行うときは制感も行っています。マインドは内側を向いています。ですからアーサナを行う時には例えば音楽を聴かないとか、周りをキョロキョロ見ないとかということが重要です。目を閉じて、自分の内側を観ます。
 
 次がダーラナ。それは集中をするということです。ですからアーサナを行うときには非常に集中するわけです。例えば体が動かないようにしている時には、非常に集中しています。アーサナというのは、動かない体位という意味です。それは集中によって可能になります。体が動くとマインドも動いてしまいます。ですから体が動かなければマインドも動かないということになります。ダーラナによる集中はマインドにより多くのパワーを与えてくれます。ここの時点からヨーガにおける内面の研鑽に関する部分になってきます。これからどんどん上級に移ってきます。6番目、7番目、8番目、のダーラナ、ディヤーナ、そしてサマーディです。ダーナラが集中。マインドによるものです。
 
 ディヤーナは瞑想という意味です。ですからダーラナからディヤーナが生まれます。ダーラナに到達できなければディヤーナへは到達できません。1点に集中することができなければ瞑想は出来ないのです。瞑想というのは集中した結果、得られるものです。ディヤーナを突き進めますと、長時間ずっと瞑想を続けることが出来るようになれば、体とマインドとそして感覚を全てコントロールする事が出来れば、次にはサマーディが訪れます。
 
 サマーディは完全に自分が吸収された状態、そうするとマインドは一切活動を行っていない状態になります。内面、外面という2つの世界がなくなります。全て1つになります。それが超意識と呼ばれる状態です。非常に上級の状態です。

最初はアーサナから始まって、プラーナーヤーマ、そしてプラティヤハーラを行います。制感です。そして人生の中でどういうヤマ、ニヤマを実践するか。例えば暴力を振るわない、正直である、自己研鑽、タパスを行う・・・全てこういう事を行うと自分自身が浄化されていきます。
 例えばアーサナが完璧になることを待ってそれから瞑想を行うとかは考えなくて良いのです。例えば瞑想も勉強も捨てて、浄化がどんどん進むと瞑想もどんどん自動的に進みます。8つの支則というのはそういう意味なのです。全部一緒に行って行きます。アーサナとプラーナーヤーマでどんどん上達していって、それと同時にヤマ、ニヤマもずっと守っていきます。全ての8つの事は全てお互いが補足しあっています。
 
ですからヨーガの上級者というのはマインドをちゃんと制御している人の事を言います。なぜマインドを制御しなくてはいけないのでしょうか。なぜならマインドを制御すると自分自身が見えてくるからです。マインドがあるために自分と神が別々であると認識してしまいます。自分と他人が別々であるというようにも思ってしまいます。ですからヨーガは結合の道なわけです。 
yoga means uionへ続く)
[PR]
by yogini_yogini | 2007-12-10 15:38 | workshop

new moon

今月の新月は12月10日2:40に射手座で起ります。射手座は明るくて開放的な星座。行動範囲も視野も広がります。新月の日のアファメーションは月に願い事が届きやすいので射手座の得意とする以下の事をアファメーションしてみては。前夜に紙とペンを用意して10日の朝起きたらすぐに書き出すこと。願いは心の中だけでなく文字にして書き出すことで更に強力になります。
真実の追求/心の安定/旅行・自由・冒険/法律問題/忠実さ・楽観主義/解決策を見つける/過剰を克服する
[PR]
by yogini_yogini | 2007-12-08 21:16 | moon

ラージャヨーガ ~8支則①~

 3つ目のヨーガの道ラージャヨーガ、それは実用的なものです。ヨーガの8つの支則です。ハシゴのように考えられます。8つの段があり、すぐに一番トップまで登ることができません。なぜならそこからすぐに落ちて足を折ってしまうからです。充分に過程を経て進んでいくと言う事が必要です。一歩一歩進んでいくと言うような状態です。1番目から順を追って行わなくてはいけません。なぜならそれは全て一緒に実践する事が出来るからです。これを8つの支則といいます。8つの枝です。それは一緒に行う事ができるのです。
 
 最初はヤマとニヤマです。これは行わなくてはいけない事と、行ってはいけないことです。それは道徳的なガイドラインです。例えば車に乗ってどこかへ移動する時に交通ルールに従わないと事故にあってしまいます。ですから古代のヨギは、どういう事をしなくてはいけないかと言うガイドラインを与えてくれました。何をすべきか何をすべきじゃないか、それは心の平静を保つために、そのルールに従わなければプラナを失って落ち着きがなくなってしまいます。その一番ベースになるのがこのヤマ(禁戒)、ニヤマ(勧戒)というものです。例えばやってはいけないことといえば、それは自分がやりたいと思うことかもしれないですがやってはいけないというようなものです。
例えばアヒムサー(非暴力)。一番最初のルールです。暴力を振るうということは時々行いたくなることかもしれませんが暴力は行わないほうがいいということです。例えば誰かの悪口を言ったりすることもできますが、それは行わないほうがいいことです。例えば誰かに対して怒ってその人を殴りたいと思っても、それを許して暴力に走らないようにすることが重要です。全てがカルマと関連しています。
 次にサティアというものです。サティアというのは正直なことです。例えばウソをつくのは簡単です。でもウソをつかないほうが自分にとっては当然いいわけです。そして正直ということです。 あと、例えば物を蓄積することは簡単ですが、でもシンプルな生活のほうが重要です。他の人の物が欲しかったり、そういうことはしてはいけません。
 
 ニヤマは勧戒です。自分が行わなくてはいけないこと、それはやるのは結構大変なのですが、自分にとってやったほうがいいことです。
 例えば知足、自分が知るに足りるということ。もっとより多くのものを欲しがるというのが常だからです。でもヨギは満足します。ヨギは必ず自分から「充分足りています、もうこれ以上欲しいものはありません」と言います。もう3足あるのでこれ以上靴はいりません。3千足はいらないと言います。3千足靴を持っている人がいると聞きましたが、スワミデバナンダ氏はジョークでこう言いました。「外に出かける時に履ける靴は何足だ?」それは例えば家が大きくて沢山の部屋があるとします。沢山のベッドがあるとします。でも一人の人が寝られるのは1つのベッドだけです。足りるを知るということです。それに満足することです。
 もう1つ守らなくてはいけないのはタパスです。タパスは苦行という意味です。単純な苦行を行うこと。例えば今床の上で座っているということはそれだけで苦行です。例えば柔らかいソファに座るほうが楽です。でも地面に座っています。すごく嫌な事もずっと継続して行うということもタパスです。例えば嫌いな人と一緒に住んでいてもその人との生活がうまく行くように自分が一生懸命努力するということもタパスです。例えばご飯をおかわりしたくても1杯だけで済ませるというのもタパスです。全てをシンプルに。それによってマインドを制御することができます。そのようにするとより幸せが訪れます。もっともっと色んなものが欲しいという状態になると、常に不幸になります。幸せというのはどこか他の場所にあるのではないかと考えるようになります。
 あと、自己研鑽が必要になります。スワディアーヤ。例えば過去の書物を読むとか、今皆さんが行っているのは、自己研鑽です。自分自身をより深く研究すること。あと古代の書物も読むこと。
 最後は自己放棄。それは自分に対して起こる事を全て受け入れるということ。自分に起こった事を受け入れずに怒ることもできます。自分にいい事が起こってもそれでよしとする、自分に悪い事が起こってもそれでよしとするというような態度です。自我と傲慢さを無くしてくれます。このヤマとニヤマが一番最初のベースになります。
8支則②へ続く)
[PR]
by yogini_yogini | 2007-12-06 18:05 | workshop

ウォーター、パニー、ヌック、etc

 ヨーガは宗教的すぎると考える人もいます。でもヨーガは宗教を超越しているのです。どの宗教を選んでも、それは全く同じです。それは神への愛を表現する事ができれば、どの宗教でも構わないのです。神の名前は、神の形は全く構わないのです。なぜなら神は名前とか形を超越したものだからです。例えば喉が渇けば水が必要になります。例えば、私はアメリカに住んでいますが、フランスに行ってパリのレストランに入ったとします。そして「give me a water」といいます。すると「waterはありません、eau(オー:フランス語で水の事)しかありません」「No,no,私はwaterが欲しいんです、オーじゃありません」ではインドに行くと「パニー(水のこと)しかありません」南インドに行くと「ジャラン(水のこと)しかありません」ベトナムに行くと「ヌックしかありません」ヌック?違う違う、私はウォーターが欲しいんです!!どこに行っても結局出されるのはH2Oなんです。H2Oが自分の喉を癒してくれるからです。でも名前が違うとそれが自分の欲しているものかどうかわからないのです。そして水の容器も違います。ですから名前とか形というのはどこにいっても変わるものなのです。でも必要なのは神への愛なのです。神への愛が我々の渇きを癒してくれます。
 
 創造主をいつも思い出す事が重要です。謙虚でいる事が非常に重要なことです。神の栄光をたたえなくてはいけません。自分達の行為を全て神に捧げなくてはいけません。スピリチュアルで神のことばかりを考えていると、それはモダンな近代的な考え方ではないというように間違った考え方をする人もいます。近代的な社会は非常に前進しているもので、スピリチュアルで、トラディショナルなものはファッショナブルではないという風に考えてしまいます。それは間違っています。現代的な物理的な生活をしていますが、我々はスピリットを重要視することによって健康になります。バクティヨーガというのは神への愛のヨーガです。それによってハートがオープンしますし、自分達も幸せになります。自分が何でどういう人間であるかと言う事を理解させてくれます。
 ですから自分が信じている宗教が何であるかというのは全く関係ありません。なぜなら全ての伝統的な教えと言うのは全く同じ事を教えてくれているからです。ヨーガはスピリチュアルなものです。古代の書物にもヨーガはスピリチュアルなものだと書いてあります。ラージャヨーガに関する書物においても神へ捧げなくてはいけないと書いてあります。
 現代行われているヨーガで全くスピリチュアルな部分は取り除くと言う人も世の中に存在します。スピリチュアルであるという事を恐れる人たちもいるのです。それなので沢山の人がすごいストレスに埋もれているような状況なのです。それで今は自殺が非常に多いと聞きました。なぜならスピリチュアルな価値観というものがどんどん失われていっているからです。
 ですから2番目のヨーガの道はバクティヨーガです。
どんどん神を愛すれば愛するほど自分が幸せになって行きます。キルタンやサットサンガで神を歌ったりすることはそれの一部です。寺院に行くこと、巡礼に行くこと、それもバクティヨーガの一部です。
ラージャヨーガへ続く)
[PR]
by yogini_yogini | 2007-12-03 19:18 | workshop