yoga instructor akemi's blog manana yoga


by yogini_yogini

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
+++profile+++
what's new!?
workshop
yoga講座
yogatherapist講座
moon
♪music♪
Prajñā
mantras
vegetable fruit
お勧めの本
**schedule**

以前の記事

2015年 06月
2015年 04月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
more...

フォロー中のブログ

ヴェーダーンタ勉強会 パ...
shake's COUN...
『広尾麻布スタジオ』お子...

link

最新のトラックバック

ライフログ


インテグラル・ヨーガ―パタンジャリのヨーガ・スートラ


あの世に聞いた、この世の仕組み


運と幸せがどんどん集まる「願いごと手帖」のつくり方

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
日々の出来事

画像一覧

<   2008年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ヨガセラピスト講座17 自己免疫疾患とヨーガ・セラピー(1)

17回目は自己免疫疾患の癌についての勉強でした。
ガンは2千年前にはなかったそうです。旧石器時代は人は寿命が短く、30歳前には無くなってしまっていました。ですからガンもなかったのです。ガンというのは早く言えば老化の病気。老化により同じものが作れなくなった、細胞のコピー間違いです。異形の細胞が出来てしまい、異形のものというのはどんどん増殖するそうで、それがガンになります。人間が長生きをするようになってきたためガンが起こって来たとも言えるのです。

交感神経が緊張しすぎると顆粒球が増加します。顆粒球は活性酸素を放出します。そのため増えすぎた活性酸素によって組織障害(遺伝子の構造異常=癌化)が起きます。簡単に言うとガンとは活性酸素による害の結果なのですね。古い細胞が死んで、まったく同じ新しい細胞が生まれるのは、細胞の設計図である遺伝子(DNA)があるからです。ところが、この過程で狂いが生じて異形の細胞が産まれてしまう突然変異が起こるわけです。
活性酸素は遺伝子の細胞に傷をつけます。細胞分裂の際に傷が引き継がれる為に異形の細胞が出来、これがガンとなっていきます。

交感神経優位だと活性酸素が沢山出るのをご存知だったでしょうか。活性酸素が沢山出ると老化を進めます。活性酸素が沢山出れば、早く老化し、ガンにもかかる危険が出てくるということなのです。ガンを防ぐには活性酸素をコントロールすることが重要になるのです。ですから交感神経緊張の状態になる有酸素運動などや、カッカして休む間もなく仕事をする・・・とても危ないことなのですよね。

ジキル&ハイドという番組で9月14日にアンチエイジングについて放送されたのをご覧になりましたか?以下その内容です。

「長寿遺伝子」というものが1999年に酵母菌から発見された。ノーベル賞に最も近い研究の一つ。人間の体にも存在し(誰もが持っている)、活性化できれば老化のスピードを遅らせると考えられている。

老化のメカニズム
1 遺伝子は、普段の生活で活性酸素や紫外線の影響を受け、傷つけられる。
2 その遺伝情報が蓄積されていくと、体に様々な障害を起こす。
3 このプロセスを老化という。

長寿遺伝子の働きを「オン」にするための方法とは?
アンチエイジングの第一人者、順天堂大学 白澤卓二教授によると、長寿遺伝子の働きをオンにする方法は、カロリーを制限すること。その理由は・・
1)長寿遺伝子は遺伝子を傷から守る酵素を常に作り出している。
2)この酵素は、カロリー制限により、その働きを促す物質と合体し活動を開始する。
3)すると、遺伝子の連結が強化され、老化の原因とされる活性酸素や紫外線による傷から、遺伝子が守られる。結果、老化のスピードが遅くなる。

長寿遺伝子をオンにするための物質「レスベラトロール」
レスベラトロールとは?
長寿遺伝子をオンにする物質として注目されるポリフェノールの一種。
赤ワインや、野菜や果物(リンゴなど)の皮に多く含まれる成分。
さらに研究が進めば、カロリー制限とレスベラトロールによって、若く健康なまま寿命を100歳までも延ばすことが出来る日が来るかもしれない。
 (以上番組HPより)

「長寿遺伝子」には働いている「オンの状態」と、眠っている「オフの状態」があるそうです。
生活習慣を変えることでその長寿遺伝子のスイッチをONの状態にすることができれば、健康で長生きできるわけです。長寿遺伝子は遺伝子を傷から守る働きがあります。ガンを発生させないようにするためにも長寿遺伝子が大きな鍵となりそうですね。

長寿遺伝子をオンにする食べ方は・・・
1.肉と魚を一日おきに食べる。
2.朝食をしっかり食べる
3.和・洋・中をまんべんなく食べる。
4.炭水化物はあとから食べる。
5.よく噛んで食べる。
だそうです。 

順天堂大学の加齢医学のHPにサルの映像があります。20年間カロリー制限をしたサルとそうでないサルですが、とても同じ歳のサルとは思えないほどの開きがあります。右側のオサルさんになりたくなかったら、今日から腹7分目の食事です!

若さを保つ3つの条件
1)適度な運動
2)健康な食生活(カロリー制限、腹7分目)
3)上手なストレス管理(主体性を持つ/これで良いのだ)

ストレスになるというのは、「させられている」といる思いです。嫁ぎ先で全く違う生活様式を強いられる、会社で嫌な仕事をやらされている、など、主体性を奪われていることです。
ヨーガで考えるてみると、適度な運動はアーサナ。カロリー制限は野菜中心のカロリーを取り過ぎない食事。ストレス管理は「なんくるないさ~(なんとかなるよ)」というまさに沖縄のおばあのようなゆったりしたマインド。イライラ、あくせく、カッカする事は自分の寿命を縮める行為なのです。非暴力、無執着・・・自分自身の心の平安を目指すヨーガの教えはストレスに耐性がついていきます。いわずもがな長寿の人が多い沖縄。昔のヨーガ行者が200歳まで生きた、といった話も本当なのかも知れません。
[PR]
by yogini_yogini | 2008-12-27 23:18 | yogatherapist講座

○new moon

今年最後の新月は12月27日21:22に山羊座で起ります。
山羊座は勤勉で野心が強く、目標に向かってコツコツと歩みを進める星座。現状を受け入れつつも、新しい業績を上げる事ができます。そのためこの時期は責任感が強くなり、遊びよりも仕事や勉強を優先する傾向が強くなります。山羊座に月がある時期は、仕事に打ち込んだり、長期的な計画を立てると良いでしょう。新月にはアファメーションをしましょう。新月?アファメーションて?という方はこちらへどうぞ。

新月が山羊座にある時に叶いやすい願い
老後の安定
対処法
責任
目標達成
成功と承認
処理能力
権威者
伝統
他者を操作しない


主な願い事のサンプル
将来に備えるための願い事
責任ある行動で成功を呼び込む願い事
目標達成に向けた願い事
成功を手にするための願い事
処理能力を向上させるための願い事
権威者との上手なつきあいを促す願い事
過剰操作を抑える願い事


関連のある体の部分、症状
骨と間接
ひざ
関節炎リウマチ
胆嚢・胆石
皮膚・乾癬・かゆみ

[PR]
by yogini_yogini | 2008-12-25 23:41 | moon

full moon ●双子座

今月の満月は12月13日(土)1:37に双子座で起こります。双子座に月がいる時期は好奇心やチャレンジ精神が旺盛になります。人付き合いも特定のグループに所属するより色々な人と接したくなり、特に会話が楽しめるでしょう。変化や情報を求めてスピーディーに行動できる時期なので、会話のネタにも困らないはず。積極的に人とコミュニケーションを。
[PR]
by yogini_yogini | 2008-12-11 09:28 | moon

ヨガセラピスト講座16 神経系疾患とヨーガ・セラピー(2)

16回目の講座は神経系疾患の続きです。今回はうつ病についてでした。

次にあげる症状が4つ以上がかなり継続的に認められれば「うつ病」が強く疑われます。
ほとんど1日中気分が落ち込んでいる
何に対しても興味も喜びも持てない
食欲がない
3日以上続く不眠
頭の回転が鈍い
理由もなくいらいらする
疲れやすく活力が出ない
やる気が起こらない
些細な事に申し訳ないと悩む
自分は価値のない劣等な人間と思う
根気がない
簡単なことが判断できない
特に朝方に憂鬱
いつもより2時間早く目が覚める
生きていても仕方がないと思う

うつの原因
*遺伝
うつ病が親から子孫に伝達される正確なメカニズムはわかっていませんが、特に再発性のうつ病では遺伝が関係していることが少しずつわかってきました。
もし一卵性双生児の一方が躁病かうつ病にかかっていると、もう一方の兄弟が病気にかかる確率は70%です。しかし、病人の親、兄弟、二卵性双生児、または子供が同じ病気にかかる危険率は15%に減ります。祖父母、叔父、叔母といった二親等になるとその危険率は7%に下がります。一卵性双生児の遺伝子は全く共通しており、兄弟やその他の一親等では半分が同じ遺伝子であり、二親等ではさらに共通部分は少なくなるので、これはうつ病が遺伝に関係していることを証拠立てる有力なデーターです。

*生化学的原因
うつ病にも生化学的障害があることが明らかにされました。セロトニンとノルエピネフリンは重要な生体アミン(科学物質)です。これらの物質は食欲、性欲、渇きといった機能と関係する脳部位に豊富に存在しています。セロトニンは一般的には脳内において抑制機能を持っていますが、この機能障害が、うつ病のイライラとか不安、睡眠障害と関係しているようです。ノルエピネフリンは覚醒剤でハイになった時、脳内の神経細胞から放出されます。正常な状態ではノルエピネフリンは覚醒とか意識とか気分高揚と関係しています。うつ病におけるノルエピネフリンの機能障害は、気力の低下や抑うつ気分を起こします。セロトニンとノルエピネフリンは神経伝達物質と呼ばれています。これらの物質は脳内で1つの神経細胞から他の神経細胞へ電気科学的信号を伝達するメッセンジャーです。神経伝達物質は我々の行動、感情、および思考をコントロールする複雑な科学的作用を引き起こしています。脳内で利用される神経伝達物質の量が少なかったり多かったり、そのバランスが乱れていると、うつや躁の症状が出ます。

*環境的原因
経済的問題、身体の病気、ホルモン、中年の危機、男性性・女性性の役割、そして、性格とか養育とか否定的な思考習慣といった社会心理学的現象がうつ病の原因として挙げられています。
生活の変化、深刻な喪失体験、またはストレス、例えば離婚、親しい人の死、失業、転居といったものがうつの引き金になります。

治療
その原因がなんであれ、うつ病の治療はすぐ始めることが出来ます。長い間うつの症状に悩む必要はないのです。患者の状態、診断や性格により選択されますが、薬物療法、心理社会学的療法、電気けいれん療法の3種類あり、単独または併用されます。治療をすれば多くのうつ病は3ヶ月以内に軽快に向かいます。
うつ患者は自分自身や世間を、そして未来を悪く考えやすい傾向にあります。そして失敗を予測し、他人の行動や考えに対し誤った考え方を持ってしまいます。こうした患者の間違った信念や否定的な思考パターンを修正するように種々な手法を使う認知・行動療法はきわめて有効とされる心理社会学的療法です。

家族や友人がすべきことは
出来る限り普通の人と同じようにつきあう
批判したり非難せず、誤った否定的な考えを指摘する
うつは病気であり苦痛の多いことを教える
微笑んで患者の真面目な努力を讃える
親切な言葉をかけほめる
好意を示す
関心を示し、尊敬し、大切にしている態度を示す
家族や友人はこうした治療の有効性を十分に理解する必要があります。

我々のヨーガの手法でも、ヨーガのカウンセリング、呼吸法やアーサナでの意識化、ヨーガ内観をし、自分の内側に意識を向けることによって、観察や分析をすることが出来るようになると考えています。物事の捉え方、対処の仕方を学び、否定的な思いを認識し、不安は自分が作り出しているものであり、外側から来るものではないという気づきが得られれば、それが長年続いた誤った認知であっても、心の方向転換は可能であると思われます。
[PR]
by yogini_yogini | 2008-12-02 10:33 | yogatherapist講座