yoga instructor akemi's blog manana yoga


by yogini_yogini

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
+++profile+++
what's new!?
workshop
yoga講座
yogatherapist講座
moon
♪music♪
Prajñā
mantras
vegetable fruit
お勧めの本
**schedule**

以前の記事

2015年 06月
2015年 04月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
more...

フォロー中のブログ

ヴェーダーンタ勉強会 パ...
shake's COUN...
『広尾麻布スタジオ』お子...

link

最新のトラックバック

ライフログ


インテグラル・ヨーガ―パタンジャリのヨーガ・スートラ


あの世に聞いた、この世の仕組み


運と幸せがどんどん集まる「願いごと手帖」のつくり方

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
日々の出来事

画像一覧

ヨガセラピスト講座4

第4回目 糖尿病とヨーガ療法
一般の病気はほとんど心身症に含まれます。体に影響を及ぼすほど心というのはそれはそれは大切な所なのです。糖尿病も立派な心身症です。(詳しく知りたい方はヨガ講座3をお読み下さい)
中高年に多いインスリン非依存型(2型)糖尿病は生まれつきなりやすい遺伝子を持った人が過食・美食・運動不足による太りすぎと、精神的、肉体的ストレスが引き金になり発病します。膵臓から分泌されるインスリンというホルモンの働きが不足し、体にひずみが生じた病気です。インスリンが不足するとエネルギーのもとであるブドウ糖がうまく燃えなくなります。ブドウ糖は私達が生きていくための燃料として非常に大切なもので、ブドウ糖が無駄なく燃えるためにはインスリンの助けが必要なのです。ブドウ糖だけでなく、身体の組織を作るタンパク質やエネルギーの貯蔵庫である脂肪の利用もうまく行かなくなります。そのためインスリンが足りなくなると体全体の調子が乱れてきます。糖尿病は全身の病気であるといえます。
西洋医学の治療法では、「カロリーを消費する、歩行数を増やす、体重の減少、インスリン分泌感度を高める」が行われます。しかし元が心の問題が大きく関わっているのですから、ヨガセラピーの治療法はまず心へのアプローチです。心の働きを制御することから始まります。食事に固執しない心を作れば味覚と満腹感を制御でき、ファーストフードや甘味食品の摂取を制御できます。あとは緊張と弛緩を繰り返したゆったりとしたアサナやメディテーションによって深く休むことでストレス・ホルモン分泌が減り安定していきます。インドの研究ではアルダマッチェンドラアサナ、ダヌーラアサナ、サルバンガアサナ、マツヤアサナが有効という報告がされています。ただし認識を誤って欲しくないのは、これらのアサナをすれば病気が治る、という考え方です。病気の根本が心であるなら、見える外側の病気の部分=体、だけを治しても心が同じ状態であるならまたすぐ病気になります。まず一番奥にある根本の見えない部分を治さないと変わらないのです。
[PR]
# by yogini_yogini | 2007-08-29 10:25 | yogatherapist講座

ヨガセラピスト講座3

第3回目 各種精神障害について
神経症、心身症、精神病、言葉は似ていても違いがあります。一般の私達には難しいですよね、今回はその勉強です。

@神経症とは
軽い心の障害である。なんとなく心の具合がスムーズに行かない、悩みがなかなか心の中から消えない、しかしそうは言ってももう少し重い精神病でもない、そんな程度の軽い心の障害のこと。「不安」を中心とする一定の症状がある。個人が心の内側で密かに悩むことが多く、第三者にもわかるような外側に行動として出ることは少ないので、「心の内側の悩み」であるといってよい。社会的環境、人間的環境にうまく適応できないことが原因で起こる。脳の病気でもなく、精神病でもない。どんどん進行して重い精神病に移行するということはなく、中にはひとりでに良くなる場合もある。ノイローゼとは神経症を意味するドイツ語である。

@心身症とは
神経症の人が心の内側で悩むのに対し、心身症は身体の病気である。症状の成り立ちには、神経症と同じく「心」が起因するが、症状として現れる所が神経症では「心」、心身症では「身体」である。時に二つあわせ持っている人もある。

@精神病とは
定義は「現実を吟味する能力の障害が起こり、通常の人間の考えと違った認識を持ってしまう病態」
簡単に言うと現実と非現実の区別がつかない状態。
精神病は、頭の調子、つまり脳の働きがおかしくなる病気。その原因によって、内因性、外因性、心因性と大きく三つにわけられる。
原因がはっきりと判らないものを内因性といって、その中には、統合失調症と躁うつ病がある。

統合失調症
主に青年期に発症して、幻覚や妄想が出現し、後々人格欠陥(人柄が多少変わってしまい、無関心な状態)を残す病気である。多くは思春期から30歳で発症する。興奮状態の他に、意欲の低下、感情面の変化をともなう。幻覚や妄想が出現するため現実と非現実との区別が付きにくくなり、社会生活に支障が出てくる。時には、人間が変わったように感じられる。若い人で、理由もないのに何もする元気がなくなり閉じこもってしまうことがある、その中には統合失調症が発病していることがある。かつては不治の病とされていたが抗精神病薬の発達と共に治療できる病気になってきている。
基本症状
統合失調症の経過中に必ず出現する症状として自閉症・両価性・感情の障害・観念連合の障害の4つがある。
自閉症・・・自分の内面の世界に閉じこもること。内面の生活のほうが俄然優位となっている為、外の世界(現実)から遠ざかっている状態。
両価性・・・愛憎混同状態。同じ対象に対して全く反対の感情を持つことを言う。ただし神経症などでも良く見られる症状。
感情の障害・・・感情が鈍磨(起伏がなくなる)、感情の不安定性(怒っていると思ったら笑い出す)、何事にも無関心など、感情が止まっているような感じを受ける。
観念連合の障害・・・思考内容のまとまりのなさ(支離滅裂)、連想のゆるみ(連合弛緩)等が見られる。
上記の中でも特にこの観念連合の障害は精神分裂病の中心的症状と言われる。

躁うつ病
感情の病気といわれるが、二つの逆の方向に現れる。気が大きくなって夜も眠らずやたらと活動する躁病と、夜も眠れず、頭も重く、意欲も興味もなくなって沈みこみ全てが悲観的に思えるうつ病とがある。躁病とうつ病が交互に来る躁うつ病と、躁病だけ、うつ病だけということもある。二十歳前後からお年寄りまで起こるが最近、軽いうつ病が主婦や壮年の男性に増えている。更年期やお年寄りの中にも、うつ病の症状が見られることが多くなった。

以上の、統合失調症と躁うつ病を合わせると、精神病の半分以上を占めることから「2大内因性精神病」と呼ばれる。

精神病の第二の原因は外因性といって、頭の病気、つまり脳炎とか頭のけがによるもの、それから、全身の重い病気に伴って脳の調子の悪くなるもの、又アルコール、一酸化炭素、有機水銀など毒物による中毒、その他色々な身体の病気に伴って起こる精神病である。症状としては、けいれん発作、痴呆、意識がおかしくなる、興奮や幻覚など、複雑である。
 
第三は心因性といって、精神的な原因で一時的に起こる精神病。心因反応というが、急に激しく起こる場合には分裂病と区別しにくいこともあるが、治療によってすっかりよくなるのが特徴。
 
@人格障害とは
 人格障害の種類は3つのグループ10種類に分けられている。

A) 遺伝的に分裂病気質を持っていることが多く、自閉的で妄想を持ちやすく、奇妙で風変わりな傾向があり、対人関係がうまく行かないことがある。ストレスが重大に関係することは少ないが対人関係のストレスには影響を受ける。このグループに含まれるのは「妄想性人格障害」「分裂病質人格障害」「分裂病型人格障害」の3つ。

B) 感情的な混乱の激しい人格障害。演技的で、情緒的で、移り気に見えることが多い。ストレスにかなり弱い傾向がある。「反社会性人格障害」「境界性人格障害」「演技性人格障害」「自己愛性人格障害」の4つが含まれる。

C) 不安や恐怖感が非常に強い人格障害。回りに対する評価や視線などが非常にストレスになる傾向がある。「回避性人格障害」「依存性人格障害」「強迫性人格障害」の3つが含まれる。
 
境界性人格障害の多くは治療できる。ポイントは認知の修正と自分で治ることである。
[PR]
# by yogini_yogini | 2007-08-29 10:24 | yogatherapist講座

ヨガセラピスト講座2

第2回目 ヨーガセラピーと解剖学、生理学
[PR]
# by yogini_yogini | 2007-08-29 10:22 | yogatherapist講座

ヨガセラピスト講座1

第1回目
ヨガセラピストとして求められてくるのは「ヨガで心を変える事で心身症の患者を治す」ということ。それに何千年も前からあるヨガの智慧を使うのです。心理学はたかが100年です。そして医師ではないので診断はしてはいけません。西洋医学の医者が診断し病名をつけるのです。西洋医学と一緒にヨガセラピーをしていきます。投薬や手術を止めたりはしません。セラピストは患者本人の自然治癒力を理解させ、それを手伝うのです。
ヨガセラピーとして使うアサナ(ポーズ)では内側の感覚が大事です。意識を内に向けて自分の体の感覚を感じる練習をするのです。いかにねじれば、いかに体が前に倒せるか、指先が伸びているか・・・などということは問題ではないのです。私はクラスでは生徒さんに「綺麗にできてますよ」という類の言葉を使いません。その瞬間から皆が「いかに綺麗にポーズを取るか」を意識してしまうからです。綺麗と褒められれば嬉しいかもしれません、やる気がでるかもしれません。でも、いったい何の為にヨガをするのでしょう?先生に褒められる為?自分はこんなに難しいポーズが出来るのよ、という他人への自己顕示?優越感?
ヨガは綺麗に見せることを競う競技ではないのです。鏡を見て惚れ惚れするスポーツとは別物です。綺麗にポーズをとっても病気が治るわけではありません。昔のヨガ行者は山奥にこもって洞窟の中で一人で黙々とヨガをしていたのです。ヨガとは自分の内側へ内側へと向かうもの。いったいヨガの教室に鏡が必要なのでしょうか?私が「安定したアサナの時は目を閉じるように」とくり返し言うのはこうした理由からです。
私の尊敬する師匠はアメリカ人の先生ですが、アーサナがちゃんと出来ている時に師匠に「good,enjoy!」と声をかけられたことがあります。エンジョイかぁ、まさにその通りだなぁと。ポーズを味わって、感じて、楽しんで。すごくいい言葉だと思いました。
しかし悲しいかな、意識を外側へ向かわせてしまう指導をしていらっしゃるヨガの先生も沢山います。
[PR]
# by yogini_yogini | 2007-08-29 10:21 | yogatherapist講座

マントラについて

マントラとの出会いは2年前のヨガフェスタ。それまでクラスで外人の先生が唱えてくれるのを聞いた事はあっても自分で唱えられずただ聞くだけ。(何言ってるのか知りたい、唱えてみたい)とジリジリ思っていて、ゴビンダ先生のマントラのクラスを見つけ朝8:30のクラスに眠い目をこすりながら出た時のこと。先生について何度もジャパ(くり返し唱えること)して10分もジャパしたでしょうか、その後そのまま瞑想に入り、マントラの響きの余韻でふわーんとした意識の中で突如
「今まで自分がしてきた事にひとつも無駄な事はない」
という思いが強烈に頭の中にひらめきました。閃光のごとく。
別に悩んでいた訳でも日ごろから疑問を持っていた訳でもないのに。でも、今までの過去の中で消し去りたい部分やあーあれは失敗だったと後悔した部分、知らず知らずのうちに自分の中で納得いかずに持ち越して来た思い、そういうものがあったのは事実。でもその事にとらわれていたわけではなかったのに、関係ない瞑想中に突如として自分の中から出てきた1つの答え。「答えは全て自分の中にある」と感じた興味深い体験です。
パチンコのビギナーズラックみたいなものでしょうか。すっかりマントラのパワーの虜となってしまった私は、以来マントラと聞くとホウボウへ出掛けて行ってチャンティングしています。
 
そもそもマントラって?
ここで取り上げているのはサンスクリット語のマントラです。マントラは音楽で言えば楽譜で、
マントラを唱えることをチャンティングといいます。

Mantra  = Mana  +  Tra   マントラとは 自分を守ってくれるもの
マントラ    マインド    守る

サンスクリット語のマントラは宗教とは違います。マントラは何千年も昔からあった、宗教以前に生まれたとても古いものです。
定義としては:
聖なる音。人間によって作り出されたものではない。何千年も前に山の中で篭っていたヨーギ達が一番高い精神状態になった時、高い次元からもたらされたもの、人間を超えた力からやってきたもの。
 
マントラとは:
自分のマインドを使って唱えることによって自分を守ってくれるもの。音を使いながら特別の地域に働きかけるもの。

自分で唱えることが重要。正しく発音することが重要。ポジティヴなメッセージである。意味を知って唱えることにより強力なものになる。といったことが上げられます。
[PR]
# by yogini_yogini | 2007-08-28 21:06 | mantras

full moon

8月の満月は今日28日の19:35魚座で起こります。
魚座は繊細で感受性が強く受身。この時期は音楽や絵などアートの才能が発揮しやすくなります。現実社会と向かい合うより逃避しやすくなるので、睡眠や夢、瞑想などに関することにも良い時期。ヒーリングやセラピー、占いなどを受けたり、スピリチュアルやファンタジーの本を読んだりするにも良いらしいです。しかも今日は月食。カルマの浄化や体を浄化するのに良い日です。
[PR]
# by yogini_yogini | 2007-08-28 09:06 | moon

レギュラーレッスン終了のお知らせ

*毎週木曜日 ヒーリングストーンスパ銀座 11:00~12:00 ヒーリングヨガ(岩盤ヨガ)
 ヒーリングストーンスパでのレッスンは店舗取り壊しに伴い終了いたします。9月27日が最後のレッスンになります。通っていただいた皆さんどうもありがとうございました。

*毎週月曜日 batubatu 13:30~ヒーリングヨガ、16:00~ハタヨガ
batubatuでのレッスンは9月で終了いたします。9月17日が最後のレッスン日になります。オープンから2年間通って頂いた皆さん本当にありがとうございました。namaste!
[PR]
# by yogini_yogini | 2007-08-27 22:55 | **schedule**

profile

a0108954_23532751.jpg
ヨガのインストラクターakemiのブログです。
ここではヨガのことを中心に、時々野菜のことも書いています。
ヨーガをすることによって自分だけではなく周りにも良い影響を与えられるようにゆっくり前進中。

インド中央政府科学技術省認定「VYASA」 ヨーガ教師/ヨーガ療法士 
日本ヨーガ療法学会会員
マタニティ・ヨーガ指導者養成ベーシックコース修了
日本マタニティ・ヨーガ協会会員
ジュニア野菜ソムリエ

私も皆さんと同じでまだまだ膨大なヨーガの世界の氷山の一角をかじり始めたばかりです。自分が得たヨーガの知識が自分だけの元に留まるのではなく、他の人にも役に立つものであれば、是非伝えて行きたいと思っています。私が伝えることに自分からの知識は何一つありません。全て何千年も前からヨギによって受け継がれてきた智慧です。師から得たことを次の人へ伝えて行く役割をしています。

スタジオに足を運べない方にはご自宅等にて出張レッスンも承っています。

ただし男性の方のみの出張レッスンは遠慮させて頂いております。(企業でのレッスンは除く)
レッスン、お仕事のお問い合わせはこちらまで 
akeminsw3☆yahoo.co.jp (☆を@に変えてご送信下さい)
[PR]
# by yogini_yogini | 2007-08-27 21:45 | +++profile+++